届いたカニの保存方法【カニの種類・状態別】

届いたカニの保存方法【カニの種類・状態別】

カニの保存方法カニはやはり新鮮なうちに食べるのが一番美味しいので、カニを購入した時は出来ればすぐに全部食べるのがオススメですが、場合によっては必ずしも一気に食べ切ることが出来るとは限りません。

 

しかし、カニは保存方法を一歩間違うだけで
すぐに風味が変わったり鮮度が落ちてしまうデリケートな食材。
そこで、種類別・状態別にカニの適切な保存方法をご紹介します。

 

活カニ、生カニの保存

なるべく早めに食べるのがベストですが、
保存する場合は新鮮なうちにボイルで調理しておき、冷凍庫で保存します。
冷凍の際はラップで包み、ビニールで包むと3週間ほど、
ボイルしたままの状態であれば2-3日ほどもちます。
もし、どうしても活のまま保存するという場合には
新聞紙を濡らして包み、冷凍保存するようにしましょう。
そうでないと水分が飛んでスカスカになってしまい、
後から食べてもあまり美味しくない蟹になってしまいます。

 

冷凍カニの保存

冷凍カニには”生のままで”特殊な冷凍が施されています。
冷蔵庫で解凍し調理するのが美味しい食べ方ですが、
長期保存する場合にはそのまま冷凍庫にて保存をしてください。
約1ケ月ほどもつとされていますが、
やはり翌日くらいには専門店の特殊な完全冷凍状態からは解凍された状態となりますので、
冷凍庫に入れていてもだんだんと風味が損なわれていきます。
そのため、数日以内に食べるのがおすすめです。
再冷凍は風味がかなり落ちるので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

ボイル冷凍カニの保存

ボイル冷凍カニはすでに調理されたカニが冷凍されたものなので、
保存する場合はそのまま冷凍保存しておきましょう。
一部を食べるために袋から出してしまった場合は
残りをしっかりラップでくるみ、ビニール袋に入れて甲羅を上向きにして冷凍庫に入れます。
これでだいたい1ケ月ほどもちます。
解凍後であれば冷蔵庫で保存します。
その後2-3日で食べるようにし、
また水分がかなり出ますので新聞紙やキッチンペーパーでくるみ、
お皿やタッパーなどの上に乗せるようにしましょう。

 

ズワイガニ、タラバガニの保存

タラバガニやズワイガニは大きく、
冷蔵庫や冷凍庫に入れようとしても難しいものがあります。
ですので身をほぐしてタッパーなどでしっかりと密封して冷蔵します。
この時きちんと密封をしないと風味が逃げてしまいますので注意しましょう。
ほぐし身は冷蔵するしかないので、数日以内に食べるようにしましょう。
カニ足をバラバラにして保存する場合は、スカスカにならないよう、
濡れた新聞紙に包んで冷凍保存します。
2-3週間以内に食べるようにしましょう。

 

毛ガニの保存

毛ガニは比較的小さめで冷凍庫に入るかと思いますので、
そのままの状態で濡らした新聞紙に包みましょう。
濡らすのは海水のような塩水だとベストですが、
面倒であればそこまでしなくても大丈夫です。


トップページ 北国からの贈り物 かに本舗 かにまみれ